脂漏性皮膚炎のための洗顔方法

皮脂はほとんどの人の皮膚にいる真菌が好むため、分泌が増えると真菌が増殖しやすい環境になります。健康な状態より多い真菌は皮膚を刺激して、かゆみや炎症を起こし脂漏性皮膚炎になります。皮脂の分泌が過剰になる理由は、人それぞれで、ホルモンバランス、食生活、ストレスなどです。

 

頭皮や顔に発症することが多いのですが、髪の毛の生え際など他の部位にも発症します。予防するには皮脂が過剰に分泌しないことがカギとなるので、食事などを工夫して体内環境を改善することが必要です。また、肌にトラブルが起きないようにするには、皮膚を清潔に保つことが大切になります。

 

顔に脂漏性皮膚炎が起きてしまうと、特に女性はメイクができなくなりますし、人前に出にくくなります。皮膚炎を起こさないためには、清潔にして真菌の増殖を抑制することが効果的です。スキンケアの基本は洗顔で、メイクをした後には、クレンジングと洗顔で毛穴に汚れが残らないようにします。洗顔が不十分だと、皮膚の表面や毛穴に残った汚れが酸化して、真菌の餌となります。

 

また、洗顔は1日に何度も行う必要はありませんが、成分や洗い方にこだわる必要があります。皮脂が過剰に分泌する場合、肌細胞の水分と脂質のバランスが崩れています。皮膚炎を抑制するには抗炎症成分や保湿成分が配合されていて、天然成分以外は配合されていないことがポイントです。

 

洗い方も重要で、皮脂を落とそうとして強い力で皮膚をこするのは逆効果です。ダブル洗顔不要の洗顔料もありますが、脂漏性皮膚炎の予防においては、クレンジングでメイクをくまなく落として、洗顔料でクレンジングで浮いた汚れをしっかりと取り除くようにするとよいでしょう。洗顔後には、ビタミンB・C、ミネラル分が多く含まれた化粧水で保湿すると、さらに皮膚炎予防の効果がアップします。